手話で話そう
ribbon

手話は簡単にできるのか

手話は、指や手全体を使って視覚的な会話を行う手段です。主に聴覚に障がいがある人に用いられています。また、手だけでは無く顔の部位を使うことによって感情の表現を行うこともあります。五十音を示すものは指文字で表現されます。それに加え、名詞や動詞また形容詞の語を表現するのが基本になっています。簡単なあいさつならば、すぐに覚えることは可能です。日本では2011年に言語として法律で認められるようになりました。

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新
ribbon

子供に手話で話すことの大切さを教えよう

近年、障害を持っている人達が、心豊かに暮らすための色々な行政的なサービスなどが充実しています。その一つに、耳が聞こえずに話す事が困難な人のために、手話を通してコミュニケーションを図る動きが広まっています。手話は専門的な、障害をもっているひとと上手にコミュニケーションをする一つの手段になります。専門的な分野になりますので、自分でしっかりと学習する事が非常に大切ですし、手話などの技術を習得するための機

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新
ribbon

手話の意味を理解するためには

聴覚障害者とコミュニケーションをとる必要がある人達は、手話を習得することが必要になります。手話を習得するためには、学校等教育施設で学ぶ場合と、通信講座などで時間のある時に自分のペースで学ぶ方法とがあります。
両者とも手話の意味がわかるようになるためには、ある程度の期間をかけて勉強をすることが必要になります。聴覚障害者と意思の疎通をはかるためというしっかりとした目標や目的がある人達ですと、熱心に勉強"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新
ribbon

話し言葉の単語と手話

一般の健常者にとって、生来備わっている五感を使うことは、ごく普通の事だと思っています。朝目が覚めると、明るい日差しが窓から差し込み、また母親が朝食の準備をする音が聞こえるなどの風景を、何の疑いもなく身体で受けて取っている訳です。ところが目の見えない人にとっては光から、耳の聞こえない人にとってはあらゆる音から遮断されていることを、一般人は忘れがちです。テレビを見ると、ニュース番組が流される一角に、し

(続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新
ribbon

手話の挨拶について

手話を使って話している人を見かけることは多いと思いますが、あまり多くの人に知られていないというのが現状です。手話を知らないがために、障害者の方たちと距離を置くことになってしまうのはとてももったいないことです。一度覚えてしまえば簡単なものです。思っていたよりも簡単だったと思う人も少なくありません。手話で挨拶ができるだけで、多くの人と関わることができますし、話しかけられた人も嬉しいものです。まず「おは

(続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新